本文へ
株式会社ティーエスケー :ロゴマーク
カラーライン

マンションの総合リニューアル

防水工事(下地補修の重要性)

建築物の安全性、快適性を長期的に確保するために
ビル、マンションなどで最も過酷な条件下におかれているのが屋上防水層。もしこの部位の劣化や破断などで雨漏りが生じると、居住空間の快適性を損うだけでなく、建築物の構造そのものにも悪影響を及ぼします。ひいては、建物の資産価値を低下させたり、震災において大事故を引き起こす原因にもなります。ティーエスケーでは塗膜防水やアスファルト防水などの技術を駆使し、屋上からバルコニー周りまで、建物全体をカバーする徹底した防水工事を実施しています。
改修工事の基本となる下地補修に最大の力点。
改修工事から10年を経過しないうちに建築物の塗装表面が剥離するような場合、下地補修の不徹底がその第一原因として考えられます。いわゆる下塗りやシーラーといった工程に問題があれば、こうした事態は早晩に露呈することになります。ティーエスケーは、塗装品質を長期にわたって保つために、まずこの下地補修に力点をおいています。



船橋二和グリーンハイツ屋上防水修繕工事:写真

船橋二和グリーンハイツ屋上:写真

ファミール市川:写真

東カングランドマンション:写真

Copyright (c) TSK All Rights Reserved.