本文へ
株式会社ティーエスケー :ロゴマーク
カラーライン

マンションの総合リニューアル

大規模総合改修(リニューアルの準備から終了まで)


建物のリニューアルは単なるお化粧直しではありません。快適で住みよい環境のために建物を健全な状態に戻し、財産価値を維持していく工事です

1.建物の現状把握

外観からの点検、過去の修繕記録の確認、竣工図面の有無の確認など、予備調査をおこないます。

2.調査・診断書の作成

予備調査に基づいて建物の状況を細かく調査し、建物調査報告書、リニューアル企画提案書、修繕・改修設計案などを作成します。

3.施工業者の選定

優良施工業者の判断基準

  • 健全経営の会社である。
    保証期間がいくら長くても倒産してはおしまいです。見積金額の安さだけでなく、経営内容をオープンにしているしっかりした会社を選びましょう。

  • 改修実績の多い会社である。
    リニューアル工事は新築工事とは異なり、人が現に生活する場所での工事です。住んでいる人の安全やプライバシーの保護、生活のリズムも十分に考慮しなければなりません。このような対応力は数多くの実績から初めて得られるものです。

  • 総合技術力のある会社である。
    リニューアル工事はただの化粧直しではありません。建物の耐用年数を延ばし、財産価値を維持し、快適な居住性を求められる総合的な工事です。

  • アフターサービスに対応できる会社である。
    保証書は責任を持ってリニューアル工事を行った証です。工事後のアフターサービスにもしっかり対応できる会社でなくてはいけません。

4.改修工事の発注

会社内容、調査報告書や見積書によって業者を選定し、いよいよ発注します。

5.工事施工準備

改修工事に着手する前にしなければいけない準備は次のような手順で行います。

  • 施行計画書に基づき工程、資材置場、事務所の設置などについて施工会社と打合せをします。

  • 諸官庁への届け出、居住者への説明会、近隣の方々へのチラシ配付、説明などを行います。

6.工事着手

実際に工事が始まります。監理会社もしくは管理組合で作業を確認し、工事進行を
管理します。

搬入・施工・検査・ 竣工・引渡・搬出

7.アフター点検と対応

大規模総合改修リニューアルは引渡しと同時に終了するのではありません。完了とともに建物はまた劣化していきます。ホームドクターのように保証期間満了まで安心してまかせられる施工業者を選んでください。

Copyright (c) TSK All Rights Reserved.